エアコンを少しでも長く、快適にご使用頂くために

もはや私達の暮らしに欠かす事のできない空調機も、いつかは必ず故障する時が訪れます。ですが、故障する前に空調機はお知らせをしてくれません。車と同様に、空調機器も定期的なメンナンスを行う事によって、突発的な故障発生率を低減させる事はもとより機器の耐用年数を延長させる事にもつながります。
また、機器の使用状況、設置場所によっても、故障の発生度合、耐用年数は大きく変わってきますのでその場所、その機械、その使用状況、使用される方々、いろんな角度から見て最適な点検メニューをご提案し、快適空間の保全に努めています。

吸収冷温水器・冷凍機メンテナンス

冷暖房の切替、機器内部の真空状態の維持、吸収溶液の管理が重要です。機器を長期的に使用していく上で、適切なメンテナンスにより性能維持、効率のいい運転を行います。

○○

真空状態の点検
抽気設備(真空ポンプ等)の点検、機内の真空状態の確認を行います。

電気系統の点検
制御回路・リレーやタイマー類の作動を確認します。

吸収溶液分析
吸収溶液のサンプルを採取し、溶液の成分分析を行いインヒビター(腐食抑制剤)の含有量等の判定を行います。 正常な運転維持の為、インヒビターや酸・アルカリの調整を行います。

保安装置の点検
各部安全装置類の動作点検を行います。

冷・暖房の切替
冷温水器であれば、各弁類の切替及び制御回路切替を行います。

運転確認
各部点検完了後、実際に機器を稼働させ、各部温度データや圧力等の点検を行います。

報告書作成
点検後、点検完了報告書を作成致します。

その他点検業務
・熱交換器類(吸収器・凝縮器・蒸発器)チューブ清掃作業
・ポンプオーバーホール整備
・冷暖房シーズンオン(稼働中の点検)
・冷暖房シーズンオフ(稼働終了時の点検)
・炉内清掃作業

ガスヒートポンプエアコン(GHP)

エアコンの心臓部である圧縮機を、電気モーターの代わりにガスエンジンで駆動させ、電気使用量を抑えます。GHPに使用されているエンジンは、自動車や産業用のエンジンをベースとし、燃料をガス化したもので基本構造は同じです。車と同様にエンジンオイルの交換やフィルター等の消耗部品の交換が必要となります。

○○

エンジンの点検
・始動性や異音・振動の確認
・冷却水量の点検や、漏れ確認
・エンジンオイル量の点検や、漏れ確認
・バルブクリアランスの確認調整

本体の点検
・外観の確認(熱交換器・錆、腐食、損傷等)
・冷媒ガス漏れ確認
・燃料ガス漏れ確認

電気系統
絶縁抵抗の確認、機器制御動作の確認を行います。

運転確認
エンジン回転数、各部配管温度データの確認を行います。

報告書作成
点検後、点検完了報告書を作成致します。

その他点検業務
車と同様、ある一定の期間でオイルフィルターやエンジンオイル等の定期消耗部品交換が必要です。
・室内機ドレンパン・フィルター清掃・分解洗浄業務
・定期消耗部品の交換(エンジンオイル、オイルフィルター、エアクリーナー、Vベルト、プラグ等)

パッケージエアコン(PAC)

オフィスや病院、公共施設等さまざまな場所で使用されている電気式のエアコンです。突発的な故障をゼロにする事は難しいですが、定期的なメンテナンスにより、劣化部品の予防交換等を行う事で機器の偶発故障を抑えます。

○○

本体の点検
・異音・振動の確認
・室外熱交換器の詰り・損傷確認
・冷媒ガス漏れ確認

電気系統
・絶縁抵抗の測定
・電圧・運転電流の測定

運転確認
各部配管・圧力・空気温度データの確認を行います。

報告書作成
点検後、点検完了報告書を作成致します。

その他点検業務
室内機ドレンパン・フィルター清掃・分解洗浄業務

耐用年数の延長の考え方

頻繁な発停のない使用状態で、
『10時間 / 日2,500時間 / 年』
と仮定した場合。
(点検時必要となった保全を含む)

日本冷凍工業会
~定期的な保守・点検のすすめ~より抜粋

その他空調機器

熱源機器に付帯するポンプや冷却塔、給排気ファンの点検等、まとめてメンテナンスを行います。一括管理を行う事で、予算の削減・機器管理品質の向上を図る事が出来ます。

○○

○○

○○

○○

○○

○○